二重まぶた

【二重まぶた】“失敗しない二重まぶた治療計画”

二重まぶたの施術には大きくわけて二つの方法(切開法/埋没法)があり、原因となる上眼瞼挙筋を治療します。
二重まぶたの施術には大きくわけて二つの方法(切開法/埋没法)があり、原因となる上眼瞼挙筋を治療します。

 

3mm3ヶ所の部分切開法

単に二重を作りたい方はこれがおすすめです

利点

埋没法に比べて二重が取れるリスクやトラブルが少ない。

埋没法と違い粘膜側に糸を出さないため将来的にしこり・角膜に傷・結膜炎等が起こらない。

全切開のように大きな傷を作らなくて良い。

3〜6ヶ月くらいでほとんど傷跡がわからなくなる。

欠点

抜糸の必要がある。

瞼の化粧が10日ほどできない。

腫れぼったい瞼の方は、取れやすい可能性もある。

全切開法・上眼瞼シワ取り手術

利点

皮膚や眼窩脂肪を切除できるため、腫れぼったさやたるみも取れてすっきりする。

パッチリした二重ができる。

眼瞼下垂もその切開から修正ができる。

二重が取れにくい。

欠点

傷跡が残る。

簡単に修正することは難しいため、よく考えて二重幅を決める必要がある。

抜糸の必要がある。

瞼の化粧が10日ほどできない。

市田式粘膜側結紮埋没法(2点法・4点法)

利点

抜糸がない。

結び目が皮膚から透けて見えることがない。

編み込み式なので通常の埋没法よりは取れにくい。

欠点

粘膜側に糸を出して縫合するため、しこりが出来たり角膜を傷つける可能性がある。

問題が生じてない状態で、糸を取りたい場合は逆に取りにくい。

糸を取りたい場合は切開が必要となるが、切開しても糸が見つからない場合がある。

二重まぶた手術分類表:PDF
二重まぶた5分講座

ドクターの思い

おすすめは、3mm3ヶ所の部分切開法です!

粘膜へ糸を通す欠点がありません。傷跡は3~6ヶ月でほとんど消失します。

腫れぼったい瞼の方・瞼の皮膚がたるんでいる方・はっきりした二重を望んでいる方・目頭切開を望んでいる方などは全切開法をおすすめします。

大きく切りたくない場合は3mm3ヶ所の部分切開法が対応出来るかも知れませんので診察でご相談下さい。

しわ取りを希望の場合は二重の外まで切開線ができます。

目尻の小じわの中にほとんどの方が隠れてしまいます。

目頭切開はその人の個性を変えますので慎重に考えて下さい。

人は目を見て話すと言いますが、ほとんどの場合は目頭を見て話しています。その人の特徴を目頭でとらえている事になります。

各施術の詳細

二重瞼の切開法の切開ライン
01

3mm3ヶ所の部分切開法この方法がおすすめです

粘膜へ糸をかけるトラブルがなく、埋没法より安全。
腫れも埋没法程度でほとんど傷跡がわからなくなる。

02

10mmの小切開法

傷跡は比較的小さいが、傷跡が陥凹したり引き攣れが強くなり目立つ。

03

全切開(皮膚切除無し)

固定性が良い。皮膚切除しないでおとなしく作る場合。

04

全切開(皮膚切除有り)

はっきりした二重を作る場合はこの方法で行う。
二重の幅は切開の幅と皮膚切除の幅で決まります。
腫れぼったい眼窩脂肪も摘出可能。睫毛と二重のラインまでの知覚がしばらく消失。腫れがひくのに時間がかかる。

※3mm3ヶ所の部分切開と10mmの小切開は、傷跡の観点からするとまるで別物と理解してください。

二重まぶたの料金をチェック

施術までの流れ

STEP.1 STEP.2 STEP.3 STEP.4 STEP.5

診察予約

事前に診察の予約をお取りください。

診察

まぶたの状態をいろいろ測定させていただきます。

手術内容の検討

患者様とよく話し合い、瞼の形状にあった手術法を選びます。
他院の修正手術の場合は何もしないという選択肢も考慮しなくてはなりません。

手術

着替えを含め、ひとりの患者様に十分な時間を提供します。

術後

腫れのピークは1~2日目です。ビニール袋に氷水を入れ、ガーゼ1枚程度を間にはさみ冷却します。
氷や保冷剤では冷え過ぎてしまいますので使用しないで下さい。
又、重過ぎると眼球によくありません。

二重まぶたのことが少し分かったら、次のステップは「実行」です。
希望の目的に向けて新たな一歩を踏み出しましょう!

よくある質問

切らない、腫れないですむ手術はあるか?

切らない腫れない手術はありません。切らない腫れないですむのはアイプチやアイテープなどの化粧品類だけです。それでもかぶれて腫れる事があるかもしれません。