刺青除去

【刺青除去】“刺青を消していくレーザー治療”

刺青・タトゥーは、就職など社会生活には 不都合になります。以前は、切り取るなどの治療法しかなく、傷跡も大きく汚くなることが殆どでした。しかし、現在は治療技術が進みレーザー治療によって刺青が除去できるようになってきました。当院ではQ-YAGレーザーを使用し、色素を持つ細胞のみを破壊。そのほかの細胞へのダメージを最小限に抑え治療することが可能です。
刺青・タトゥーは、就職など社会生活には 不都合になります。以前は、切り取るなどの治療法しかなく、傷跡も大きく汚くなることが殆どでした。しかし、現在は治療技術が進みレーザー治療によって刺青が除去できるようになってきました。当院ではQ-YAGレーザーを使用し、色素を持つ細胞のみを破壊。そのほかの細胞へのダメージを最小限に抑え治療することが可能です。

■レーザー治療 ⇒ Q-YAGレーザー

傷跡になりにくいのでQ-YAGレーザーがおすすめです!

■切除 ⇒ 縫縮・皮弁形成術・植皮

1回で消すことができますが、広範囲のものには向いていません。

症例

レーザー照射例

症例1)左手に入れた例

症例2)体全体に入っているので腕だけに1回照射した例

症例3)墨の量が多い場合の例

※範囲が広い方や本格的に入れている方は、診察でご相談下さい。

刺青除去の料金をチェック

■アートメイクについて

01

アートメイクも刺青です!!

消したいなぁと思ったら・・・レーザー治療相談へ。
きれいに落とすには何回か照射が必要です。
次の照射は早くても1.5ヶ月(6週間)は期間をおきます。
修正目的で入れる肌色の刺青は、レーザーでは取れませんのでやめてください。

02

アートメイクの特徴

アートメイクは皮膚の浅い眉、アイラインに入っています。1回の照射でかなり薄くなり、2~3回の照射で満足することが多い。

アートメイクを受けた方・受けようと思っている方への注意です

・アートメイクは刺青です。刺青除去で来院の患者様に、C型肝炎の感染を受けてしまった方が多くいます。
通常B・C型肝炎ウイルスの陽性率は数%ですが、アートメイクや刺青で来院の患者様は約40%と高率に陽性が出ます。
これから受けようと思っている方には、おすすめできません。

緊急告知:
あるキャスターが「刺青・アートメイクで新しい針を使用しているため、今は肝炎ウイルスに感染しない(H26.11)」と言っていました。これは大きな間違いです。

感染されて来院した患者様のほとんどが新しい針を使用しての感染でした。「墨の共用」「墨が滅菌されて無い」「機械の滅菌消毒がされてない」 などが考えられます。新しい針を使用しても決して安全ではありません!これらは医療行為なので医療機関でなければ安全ではありません。

刺青除去のことが少し分かったら、次のステップは「実行」です

よくある質問