DOCTOR BLOG ドクターブログ

雑感10

永久脱毛は医療行為であることは、厚労省ではずっと言い続けており、担当者レベルですと脱毛学会などの発言では、おかしいことがあれば、取り締まると言っておりましたが、現実には何も変わっておりません。エステに野放しになっている脱毛機は過去に通産省(現経産省)が健康器具として許可したものが、そのままになっており、現在の経産省はその非を認めず現在もそのまま許可をしていると聞きます。身内の問題にはメスを入れないのでしょう。今回の一連の内閣府とのやり取りをしている理事から聞いた話では、厚労省のトップと経産省のトップでは格が違うので厚労省から言うのは難しいと、本当なのでしょうか? 知っている方がおられたら知りたいです。医療に関しては厚労省の考え方が最も良いと思われます。過去の過ちを認めない経産省はどうなのでしょうか? 現在も健康器具扱いで、関西地区では薬事法違反で業者も判例が出ているにも関わらずですよ。未だにレーザーばかりでなく、針脱毛もエステで行われている現実はあります。なぜ、関東でも捜査がされないのでしょう・・・。ネットでも憶測でものは言えませんよね。刺青と一緒で感染症をうつされた方は現在も本人が知らないでいるかもしれません。それこそ週刊誌で告発と思うかもしれませんが、いいスポンサーですからね。週刊誌やテレビなどマスコミは、動きません。それぞれ個人が調べないと取り返しはつかないことになります。