DOCTOR BLOG ドクターブログ

雑感4 「もののあわれ」とは?

◎しばらくこのコーナーをおいてありました。4)が嫌だったのです。喜ぶ4と考えてするかと切り替えました。そこで、今年の医院の抱負「感謝と愛」で行きます。現在に置かれている状況。情景。思惑、などのそのものに感謝をし、愛を持って対応すると言う方針で行きます。私や職員がそのような事をしていない場合は指摘をして頂きたいと思います。沢山の方が笑顔を得る事で、私共も笑顔が得られる事に幸せを感じられるように頑張ります。

◎日本の思想に「もののあわれ」という考えがあり。色々な解釈がなされるものと思われます。景色、風景、佇まい、存在、信条、心、心の動き、思惑、考え、・・・など気持ちや心を動かす事に対するもの評価と考えるのも一つと思います。この考えは茶道、俳句、短歌にも影響を受けたり、他方面への影響も与えたりしています。そういった中に武士道が育まれて来たものと思われ、親からもらった顔に傷を付けたらいけないという思想が出てきたのでしょう。仏教思想であれば、韓国の方の美容外科に関する考えと、日本人も同じになるはずですが、親にプレゼントで美容外科手術をしてあげたりなど、それでは考えられないい内容でしょう。韓国の方にそういう思想がない事に興味があり、これは仏教思想では無いと言うことに賛同した記憶があります。長く続いた徳川幕府の日本固有の思想である武士道に由来するものと思われ、今後は少しづつですが、変わって行くものと思われます。その兆候は少しづつ表れているようです。