医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

黒子 (ほくろ)〜 母斑 (あざ)


健康保険適応の可能性について


健康保険対象の可能性もありますので、診察の際に健康保険証をお持ち下さい。(※単なるほくろ治療では使えません)

他の健康保険対象の皮膚腫瘍...
粉瘤、皮膚線維腫、ケロイド、母斑(あざ)、皮膚癌(がん)など


治療法の分類

黒子/色素性母斑除去方法
方法
内容
利点
欠点
健康保険適応
歴史的背景
くり貫き法類
薬品焼却類
(液体窒素、ドライアイスなど)
・短時間の処理が可能

・術後はご自身で消毒可(通院の無し)

・手軽

・鼻、目、口の境界近くでも引き攣れ生じにくい

・メス以外の方法はメラニン色素が残る可能性有り
刺激による癌化理論からすると再発時には完全切除手術をした方が良い (刺激をすると癌になりやすい可能性がある)

・数mm以上の ものでは水疱瘡様の陥凹した白い傷跡になる

・ケロイド体質の方はケロイドになる可能性有り
無し

皮フ科、小児科、内科で行う事が多い

電気メス

形成外科で多く行われた

炭酸ガスレーザー

美容外科で多く行われている

くり貫き法
(メスによる)
・他のくり貫き法と同じ利点有り
・再発の可能性が無い
・早く治り、きれいになる
・創が開放の為、
  自分で消毒する
可能性有り

病理検査で確定診断できる

切除
縫縮

皮弁法
・完全な切除が可能でまず再発は無い

・シワの方向で取れば、ほとんど目立たない

・癌化を心配する必要は無い

・基本的に1回で解決する

・傷跡はとる幅の2〜3倍の大きさがある。
・ 鼻、口、目などの境界線近くは引き攣れを生じないようにとる工夫が必要
・通院処置が必要

植皮 ・どんな大きいものでも取れる ある程度の大きさを越えると入院が必要
(遊離皮弁) 入院が必要

※ 刺激による皮膚ガンの発生率が高いと言う理論
常に刺激する手のひら、足の裏、陰部は皮膚ガンの発生しやすいと言われています。
ベルトの当たる所、ブラジャーのひもが当たる所、眼鏡のフレームが当たる所なども注意が必要と言う事です。足の裏はもともと皮膚ガンの発生率が高い場所であって、刺激を与えたせいで癌化する訳では無いと言う意見もあります。いすれにしても完全切除した方が良いと言う事に変わりないです。皮膚ガンが心配であれば、完全切除して病理検査することをおすすめします。手術方法はレーザーではなく、完全にくりぬきをするか、切除後縫縮、大きければ皮弁形成や植皮がよいという事になります。細かい内容は診察でお尋ね下さい。

予約、資料請求        資料請求