医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

入れ墨・刺青・アートメークの治療


*「入れ墨」「刺青」「tattoo」の治療方法*


(a)レーザー治療 ⇒ Qスイッチ型レーザー
  (Qスイッチ型ヤグレーザー、Qスイッチ型ルビーレーザー、
  Qスイッチ型アレキサンドライトレーザー)

  Qスイッチレーザーが傷跡になりにくいのでおすすめです!

b剥削術(削る)、ドライアイスなど
  傷跡になるが従来行われていた。
  レーザーの回数を少なくするため、傷跡になる可能性がある

(c切除 ⇒ 縫縮、皮弁形成術、植皮
  1回で消す事が出来る.範囲によって術式選択する



刺青レーザー治療について

最適なレーザーは?
 :
Qスイッチ型レーザー以外は最適な効果がありません。

何度か照射は必要?
 :黒は1度の照射でほとんど取れる。完全に消すには何度かの照射が必要
 1)墨の量、
 2)墨の深さ、
 3)色(黒、赤、緑/青、黄色、肌色は全く無理 )
 によって個人差が出ます

【 レーザー照射例 】
症例1)左手への試しに入れた例(軽い症例)
刺青術前
術前
術中
(白い部位は局所麻酔が効いているところ)
刺青治療後
1回照射術後
(2回目でほぼ完全に消失している)

症例2)体全体に入っているので腕だけに1回照射した時の胸との境
1回照射1ヶ月後
(左斜め下は未照射)
薄墨は1回でもかなり消失する

症例3)墨の量が多い場合の例
術前の状態
1回目照射直後
1回目照射後
(1回目が一番濃度がうすくなる)
中央部は1回だけでもかなり薄くなっている
1回照射でも辺縁はぼける
施術後5回照射後2ヶ月目
(徐々に薄くなって行く)
      
 

※ 範囲が広い方や本格的に入れている方で、治療を考えられている方はご相談下さい。

アートメークについて


アートメークも入れ墨です!!
●消したいなぁと思ったら・・・レーザー治療相談へ。
●きれいに落とすには何回か照射が必要です。
● 次の照射は早くても1.5ヶ月(6週間)は期間をおきます。
●修正と言われ肌色を入れるのはレーザーで対応出来なくなりますので止めて下さい。


アートメークや入墨を入れている方で、C型肝炎などへ感染されている比率はかなり高率です。
あなたは大丈夫ですか??


《 アートメークの特徴 》
アートメークは皮膚の浅い眉、アイラインに入っています。
1回の照射でかなり薄くなり、完全に無くなるには2〜3回で 満足できるまで消失する事が多い。

眉のアートメーク例 (術前)
この方は1回照射で満足している
   

アートメイクを受けた方・受けようと思っている方への注意です

・アートメイクは入墨(いれずみ)です。入墨除去で来院の患者様に、C型肝炎の感染を受けてしまった方が多くいます。
通常B/C型肝炎ウイルスの陽性率は数%ですが、アートメークや入れ墨で来院のかたは約40%と高率に陽性に出ます。
これから受けようと思っている方には、おすすめできません。

・修正目的で入れると思われる肌色の入墨は取れませんので、肌色で消そうとすることはやめましょう。

入墨をきれいに落とすには何回か照射が必要です
Qスイッチ型レーザーしか効果は有りません

黒:比較的落ちやすいです
  赤:回数が多くかかりますが取れます
  青や緑:消しにくいですがある程度は薄くなります


緊急告知:あるキャスターが未だに、刺青・アートメークで新しい針を使用しているため、今は肝炎ウイルスに感染しない(H26.11)と言っていました。
→→これは大きな間違いです。感染されて来院した患者のほとんどが新しい針を使用しての感染でした。「墨の共用」「墨が滅菌されて無い」「機械の滅菌消毒がされてない」 などの事でしょう。新しい針を使用しても、決して安全ではありません!これらは医療行為です。医療機関でなければ、安全ではありません。やめた方が安全です。 当院で検査をしなくても保健所で無料調べてくれる市町村もありますので調べてみてください。



予約、資料請求        資料請求